Android Android開発

ADT プラグインの導入

投稿日:2013年3月13日 更新日:


eclipseのインストールが終わったら、次はADT(Android Development Tools)プラグインをインストールします。

emulator_1080i

emulator_1080i by Todd Barnard

---ADTのインストール(Win , Mac共通)---

①まずはeclipseを起動してください。

 

②メニューの【ヘルプ】⇒【新規ソフトウェアのインストール】を選択します。

 

③右上にある【追加】ボタンを押すと、ダイアログが立ち上がります。

 

④"名前"はご自由に(良くわからない方は「Android Plugin」とでも)
"ロケーション"に「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力し、OKを押す。

※DLできない場合は「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」に変更。
それでもできない場合は、こちらからzipファイルをDLした後にファイルパスを入力します。

 

⑤ちょっと待つと、真ん中に【開発ツール】という項目が出てくるので、チェックを入れ、次へを押す。

 

⑥ライセンスを読み、次へを押す。

 

⑦「使用条件の条項に同意します」にチェックを入れ、【完了】を押す。

 

⑧インストールが始まるので、待ちます。

※おそらく、「署名なしソフトウェアをインストールしています」という旨の警告文が何度か出ますので、OKをクリックしてください。問題ありません。

 

⑨再起動を促すダイアログが出るので、再起動します。

 

⑩Android SDKのインストールを促すダイアログが表示される場合は、このブログのやり方に即している場合は、キャンセルとしてください。

 

これでADTのインストールは完了です。

 

次回は
SDK ロケーションの設定

では。


-Android, Android開発
-

Copyright© 世界一ブログ.com , 2017 AllRights Reserved.