Book

Googleの正体 〜書評〜

投稿日:2013年7月22日 更新日:


皆様はGoogleについてどれだけ知っているでしょうか?


google cricket stress ball / osde8info

 

Googleのビジネスモデル、思想について、良くまとまっている本があります。

Googleの正体(マイコミ新書)

Googleについては、元々興味があり、若干の知識はあったのですが

これを読んで、さらに深まりました。

 

書評 + 自分の知識で書きますね。

 

たとえば皆さんは

GoogleとYahooのビジネスモデルの違いは?

 

と言われたら、答えることができるでしょうか?

たとえば、広告という一点について、絞って見てみます。

 

Yahoo Japanのトップページ

http://yahoo.co.jp

 

ジャンプしてみればわかりますが、たくさんの広告が貼ってあります。

 

対して

Googleのトップページ

http://www.google.co.jp

 

あれ?検索ボックス以外に何もありません。

勘の良い人はこれでわかるのかもしれません。

 

これが、Googleの正体なのです

 

って言ったら、怒られるのでもう少し

 

Yahoo がやりたいこと

トップページを見てもらうこと

 

Googleがやりたいこと

検索をしてもらうこと

 

ここまでくれば、半数くらいの人はわかったかもしれません。

これがGoogleの正体なんです

 

さあ、それでは、もう少し詳しく見て行きましょう。

 

Yahooの広告ビジネスモデル

Yahooは先ほど書いたように、トップページを見てもらうことが大事です。

 

ちなみにヤフーのPV(ページビュー)数は

Yahoo! JAPANの週間ページビュー(PV)数は約143億PV (※)(2013年4月週平均)

(http://advertising.yahoo.co.jp/ad/feature/ より引用)

 

このたくさんのユーザーに広告を見てもらい、宣伝する枠をYahooは売っているのです。

これだけの人に見てもらえば、宣伝効果も高いでしょう。

 

だからこそ、Yahooはたくさんのコンテンツをトップページに持ってきます。

トップページを見てほしいからです。

 

Googleの広告ビジネスモデル

Googleで適当なワードで検索すると

検索結果ページの上や右に広告がでます。

 

この広告枠をGoogleは売っています。

検索に関連する広告が自動で選ばれるようになっているのです。

 

なんだ、それだけか・・・

って思うかもしれませんが、これがGoogleのすごいところです。

 

検索をしてくれるには、どうすれば良いか?

大きく分けて2つでしょうか?

・検索しやすい、より良い環境をつくる

・検索する人数を増やす

これが、Googleのビジネスモデルなのです。

 

大量のサービスを無料で提供するGoogle

 

なんで、こんな便利なものが無料で使えるんだろう?

って思う人も多いですよね?

 

例えば、Android

http://www.google.co.jp/intl/ja_ALL/mobile/android/

 

おなじみのGoogleが作った、スマートフォン用のOSです。

 

これもまた、無料ですよね。

皆さん、一度は使ったことあるだろう

Windowsはもちろん有料です。

 

何故、無料にするのか?

スマートフォンの価格を下げる⇒お金を持っていない人でもスマートフォンを買える値段にする⇒検索してもらう

 

そうなんです。

 

結局は、Googleは最終的に『検索』をしてもらうことを狙っているのです。

 

たくさんのWebサイト製作の支援や、解析も無料で行っています。

Webサイトが作りやすくなる⇒Webサイトの量が増える⇒役立つ情報量が増える⇒検索してもらう

 

なんとなくイメージはついてきたかな?と思います。

 

もちろん、全てが・・・ってワケではないですが

Googleのほとんどのサービスのゴール地点が、

 

検索してもらう

 

となっていることに気付くと思います。

 

この本には、もっと詳しくいろんな視点で書かれているので

興味がわいた方は、是非一度読んでみてください。

 

例えば、Googleと良く比較されるAppleですが

一時期、こんな記事がたくさん上がってましたね。

【これはひどい】iPhone5(iOS6)マップの珍画像報告【47件】

 

このとき、Googleがとった行動がこれです。

グーグルがiPhoneを助けた理由

 

なんで、GoogleはAppleの危機をわざわざ救ったのか?

なんて疑問を、当時持った人もいるんじゃないでしょうか?

 

しかし、答えはカンタンです。

 

Androidだろうが、iPhoneだろうが、Windows Phoneだろうが

検索さえしてもらえれば良いのです。

 

だからこそ、Googleは検索しやすい環境を作っただけに過ぎません。

ここまで、書いていると、何とも恐ろしい企業ですねw

 

でもね、ホントに良い会社ですよ。

ほぼ毎月、私自身もGoogle Japanに遊びに行かせてもらっています。

 

皆さん、とても楽しそうに仕事をしていて、素晴らしいです。

 

なので興味があれば

是非、『Googleの正体』読んでみてくださいね!

 

では。


-Book
-,

Copyright© 世界一ブログ.com , 2017 AllRights Reserved.