Mac

iPhotoライブラリの容量がいっぱいになったら?

投稿日:2013年7月19日 更新日:


最近はデジカメで撮影するのも当たり前で

スマホでも、かなり高画質になっているので

ファイルサイズは大きくなる一方です。

 

Flickr PhotoStreams to iPhoto PhotoCasts

Flickr PhotoStreams to iPhoto PhotoCasts
by ctaloi

 

MacのHDDの空き容量が少ない!助けて!

っていうのは、けっこうiPhotoのせいだったりします。

 

いつの間にか、iPhotoライブラリの容量が数十~数百GBレベルでヤバいことになると思います。

 

なので、これを削除しちゃえ~

 

って方法もけっこう載ってるんですが

ボクは消すのが怖かったので別の方法をとりました。

 

それも踏まえて、2つほどご提案!

(※本来、ファイルを直接いじるのは推奨されていないので、他のファイルを変更・移動してしまうと動かなくなる危険もあります。注意してください)

 

0. 共通手順

ファイルの場所は

Finder⇒ピクチャ⇒iPhoto Library

 

で、iPhoto Libraryで、右(副)クリックをして、

【パッケージの内容を表示】をクリックします。

 

おそらく、ここのMastersとかPreviewsとかThumbnails が容量を食っていると思われます。

その配下を見てみると、たくさんの画像ファイルがありませんか?

 

これが原因です。

 

あとはこれをどうするかです。

 

1. 外付けハードディスクに移す

これが一番簡単な方法です。

 

容量が数十GBで、外付けHDDが1TBみたいな感じでしたら

これが一番手っ取り早いです。

 

で、移動しただけじゃ、iPhotoライブラリがなくなってしまうので

移動後の場所を教えてあげます。

 

iPhotoライブラリの変更法

1. optionキーを押しっぱなしにします。

 

2. その状態のまま、DockのiPhotoをクリックしてください。

(画面が出るまで、optionキーは離さないでくださいね~)

 

3. iPhotoで使用するフォトライブラリを選択してください。

と出るので、【その他のライブラリ】をクリックし、移動先のパスを指定します。

 

2. リサイズする

外付けHDDに移動して、パスを変える方法だと

繋いでいる時しか、iPhotoで見ることができません。

 

正直、不便です。

 

ボクの場合は、オリジナルを外付けHDDに移動してから

残ったファイルを思いっきり、圧縮しました。

 

普通にPCで見るくらいなら、640×480くらいあれば十分です。

これだけで、1枚あたり数MBが100KBくらいになります。

 

ボクの場合は、40分の1にすることができたので、気にならない程度の容量です。

リサイズについては、できるならどんな方法でも良いですが

 

一つひとつリサイズするのは、現実的ではありません。

ボクはResizeItをオススメします。

http://nsek.net/SYW/software/japanese/resizeit/index.html

 

操作法はカンタンですので、マニュアルを見てください。

 

おそらく今のデジカメだと、だいたい

3000×2000くらいのサイズになってると思うので

(確認してみてください)

 

比率指定で、20%

とかで、リサイズすれば、ちょうど良いくらいになると思います。

 

こうすれば、見た目はさほど変わらず、ファイル容量だけを非常に圧縮することができました。

iPhotoライブラリが、肥大化してしまった場合は是非お試しください!

 

では。


-Mac
-,

Copyright© 世界一ブログ.com , 2017 AllRights Reserved.